レーザー脱毛は医療脱毛とも呼ばれています

日本で脱毛しようとすると、3つの方法があります。レーザー脱毛は、医療機関で受ける脱毛で、医療用のレーザーを使って施術します。

フラッシュ脱毛は、エステや脱毛サロンで行われている方法で、特殊な光を照射します。

ニードル脱毛は、細い針を使った脱毛で、毛穴ひとつひとつに刺して施術していきます。レーザー脱毛は、医療脱毛とも呼ばれていて、皮膚や毛の状態を医師が診断の上、施術するので安全性が高いです。


日によって状態は変化するので、その日の状態に合わせた施術が受けられます。
そして、レーザーはとても強い出力を持つために、医療機関でないと扱うことができません。
エステやサロンではできないために、レーザーの代用としてフラッシュを使用しています。レーザーの光は、皮膚の上から照射すると、黒い色に反応して、毛のみに集まっていきます。

毛に集まったレーザーは、熱エネルギーとなり毛根まで届き、熱で毛根を破壊することで、毛が生えてこないようにさせます。


フラッシュ脱毛では、毛根を破壊するパワーはありませんので、再び毛が生えてきてしまいます。

このように、レーザー脱毛は皮膚へのダメージなく、脱毛することができるというメリットがあります。施術するスタッフも、医師や看護師という医療の資格を持った人なので安心です。


エステでは、脱毛士の資格があるとうたっていますが、国家資格ではなく、民間の資格で簡単にとれるものなので、安心感にはつながりません。